前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

上(かむら)と稲渕

上と書いて(かむら)と言うそうです。

石舞台から細川を抜けて談山神社への途中にあり

明日香村から遠くに葛城山や金剛山が望めます。

明日香 (1)
撮影会でもここに来たのですがその写真は次回にします。



稲渕はものすごい人と車で駐車場所がなくて

午後遅くにした飛び石です。

万葉集を大学時代にやっていたというsyoryuで~す。さんに

「万葉集をどうぞ!」と言ったら

明日香川 明日も渡らむ 石橋(いしばし)の遠き心は 思ほえぬかも

スラスラと出てきたのには驚いた。


ネットを調べていたら他にもあるようです。

年月も いまだ経なくに 明日香川瀬々(せぜ)ゆ渡しし 石橋もなし

飛び石
明日香 (2)


稲渕は案山子コンテストをやっていて超人気の棚田です

明日香 (3)


明日香 (4)

| 奈良 | 06:00 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT

地名

あまりにも撮影場所が多く、また内容が濃いので地名は頭から滑り落ちていました。やはり、スマホのメモが大事です。(汗 同じ場所を撮っても上手な人の切り取りと雰囲気は特別です。「うわつ」さんの写真を見ながら、がっくりしています。シャッターは二度と同じには切れないですね。

| 鬼城 | 2018/09/30 07:47 | URL |

Re: 地名

鬼城さんおはようございます。

古の明日香ですので古い地域名です。
読みにくいしわからないですよ。
撮影会で習ったことを何度も実践することでしょうね(笑)

| うわつ | 2018/09/30 08:38 | URL |

 二度訪れた場所ですが、最初は曇り、二回目は雨と表情が違いました。
 万葉集を学習して40年以上が過ぎています。頭が硬直してきているので和歌が全く出てきません。文章では、褒めていただいていますが全くダメでした。
 自宅に帰り、万葉集を引っ張り出し一生懸命調べました。私の次のブログは、撮影した場所とそこ読まれた(?)和歌を載せようと思っています。

| syoryuで~す。 | 2018/09/30 09:17 | URL |

明日香には

随分と行っているのですが、うわつさんの写真で懐かしく蘇る思い出があります。十数年前、複数のアマチュアカメラマンが孫をモデルに撮ってくれたこと、そしておばあちゃんは要らないと言われたこと、根に持つタイプです(笑)。楽しませていただいてます。ありがとうございます。

| 結女 | 2018/09/30 09:22 | URL |

Re: タイトルなし

syoryuで~す。さんこんばんは。

熱中して覚えたことは忘れないものですね。
紅葉の談山神社や吉野に万葉集を
訪ねて見てはいかがですか?
万葉集と明日香のブログ楽しみにしています(^^)


| うわつ | 2018/09/30 18:31 | URL |

Re: 明日香には

結女さんこんばんは。

そうでしたか~その時のカメラマンたちは
ずいぶんと失礼ですね
もう少し奈良をアップしますよ~(^^)

| うわつ | 2018/09/30 18:36 | URL |

惹かれる

これは見る価値のある場所
行ってみたくなりますね
特に飛び石は心惹かれます

| chibigon86 | 2018/09/30 20:03 | URL |

Re: 惹かれる

chibigon86さんこんばんは。

えっ!万葉集に興味があるのですか?
古の風景が今に残っている
明日香を見るのは良いことです。

| うわつ | 2018/09/30 20:21 | URL |

日本の原風景のような場所ですね。
 昔の私の家の田を思い出しました。谷間の小さな棚田が沢山あり、小屋の横には柿の木があり、柿が熟する頃に稲刈りをしていました。昔は収穫が遅かったので、彼岸花は記憶にあまりありません。
 奈良の風景を楽しみに見させていただきます。

| izumigamori | 2018/09/30 20:26 | URL |

Re: タイトルなし

izumigamoriさんこんばんは。

そうなんです。
畔は昔ながらの土手でモグラ除けの彼岸花
日本の原風景のような風景です。
万葉の昔からですのでsyoryuで~す。さんの
万葉集のブログが楽しみです。

| うわつ | 2018/09/30 21:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uwatu.blog135.fc2.com/tb.php/3358-d1028a0d

TRACKBACK

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ