前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

ぬえが棲む池

先日のことでした。

Yさんの車ですしえもんさんと一緒に

久万高原町を走っている時

赤蔵ヶ池(あぞうが池)に行って見ようかと

行く道すがら説明してくれたのは

ぬえが棲む池だという。

ぬえのことは知らないけど妖怪のような生き物らしい。



かなり山奥らしいから途中で撮影した

黒藤川集落から遠くに面河川が見えます。

ぬゑが棲む池 (2)



トロメキという限界集落を高所から

撮影した場所は崖の上からでした。

ぬゑが棲む池 (1)


赤蔵ヶ池の看板です。

ぬゑが棲む池 (4)


赤蔵ヶ池
久万高原町

| 風景 | 06:00 | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT

広がり

撮影ポイントが広がりましたね。「ぬえ」は鳥と思っていましたが・・・妖怪かな?この池は知りませんでした。面河側の下流になるんでしょうね。久万高原町もいろんな歴史有り、風景有り、芸能有りで面白い街です。ゆっくり回って見たい街の一つです。

| 鬼城 | 2018/05/08 07:14 | URL |

愛媛の風景を探してこちらにたどり着きました。どの写真もしっとりとしていて素敵ですねー...。ため息がとまりません。
スマホにもブクマしましたが、ノートとはいえやはり大きい画で表示される方が胸にくるようです(^_^)
パソコンを開ける楽しみを増やしていただき、ありがとうございます!

| のはらの | 2018/05/08 13:28 | URL |

Re: 広がり

鬼城さんこんにちは。

ここは初めて連れてってもらいました。
四国の秘境だと聞きました
たしかに奥深い山間地で人家は少なく
伝説があってもおかしくないと思いましたよ。

| うわつ | 2018/05/08 14:08 | URL |

Re: タイトルなし

のはらのさんこんにちは。

ご訪問ありがとうございます。
行かれたんですね
秘境と言われている所を巡るのも
楽しそうです。

| うわつ | 2018/05/08 14:44 | URL |

ごめんなさい!

言葉が足りなくてごめんなさい!
たどり着いたと表現したのは「こちらのブログ」という意味です!
秘境なんてとてもとても行けない(^_^;)
足が悪いもので、あちこちの風景をパソコンで見るのが楽しみなのです。
ですからこれからも秘境をコーヒーを飲みながらまったりと眺めさせてくださいね。

| のはらの | 2018/05/08 19:01 | URL |

Re: ごめんなさい!

のはらのさんこんばんは。

ありゃ~そうでしたか
早とちりで失礼しました~(笑)

| うわつ | 2018/05/08 20:50 | URL |

妖怪

こういう言い伝え好きですね~
ぬえ いると思えばいる
ぜひ会ってみたい

| chibigon86 | 2018/05/08 21:39 | URL |

Re: 妖怪

chibigon86さんこんばんは。

大丈夫ですか?
妖怪ですよ~(笑)

| うわつ | 2018/05/08 22:01 | URL |

14年前に33号線を走っていて「ぬえ」(赤蔵ヶ池)の看板を見ました。
今まで気にも留めず素通りしてきましたが、まさかこんな山奥だとは…
とてもじゃないけど一人じゃ怖くて行けそうにありませんね(汗)

| フォトグラファー猿 | 2018/05/08 23:58 | URL |

Re: タイトルなし

フォトグラファー猿さんおはようございます。

私も看板は見ていたのですが
かなり歩くところだと思って行かなかったのです。
そうしたら車で行くことが出来ると言うので
連れてってもらいました。沼地ではなく湧き水らしくて
ジュンサイが育っていましたよ
昼間ならぬえは出ないでしょうね。(笑)

| うわつ | 2018/05/09 09:06 | URL |

曇り空の山里の景色,晴天とはまた違った趣がありますね。もう田植えの準備の時期ですか。源頼政のぬえ退治の話は聞いたことがありましたが,久万高原出身の妖怪とは知りませんでした。それにしても,なぜ都を遠く離れた愛媛県の山奥とみやこ京都とが結びついたのだろう。

| taka1 | 2018/05/12 11:46 | URL |

Re: タイトルなし

taka1さんこんばんは。

ぬえ伝説は四国では珍しいと思います。
人があまり住んでいない所で
ぬえ伝説は不思議すね。

| うわつ | 2018/05/12 21:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uwatu.blog135.fc2.com/tb.php/3209-db4a1765

TRACKBACK

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ