前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

春日大社の藤

今回の奈良行きは高速バスでした。

いつもは定刻より早く梅田に到着するのですが

山陽道で事故があったらしく予定より遅れて梅田に着いたので

大阪から奈良までの電車は混雑していました。

授業までの時間が少ないので

砂ずりの藤を見に行きました。


花穂が地面の砂にすれるほど長いところから「砂ずりの藤」と名付けられているそうです。
樹齢800年といわれ、鎌倉時代後期(1309年)に描かれた絵巻物「春日権現験記」のなかで
ここに藤があったことが記されているそうです。
春日大社の神紋は藤の紋様が用いられています。
奈良朝以来、境内の藤は大切にされています。
春日大社のHPより

春日大社 (1)


裏年でしょうか?

ちょっと短かったです。

春日大社 (2)


春日大社は巫女さんが多いです。

春日大社 (3)


春日大社 (4)
奈良

| 奈良 | 06:00 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT

また一つ勉強になった・・・

春日大社の紋は藤ですか?奈良でも有名な場所なので、いろんな写真で構図は見ます。2枚目の構図、面白い!巫女さんの朱、建物の朱、アクセントとして目立ちますね。

| 鬼城 | 2018/04/28 07:23 | URL |

Re: また一つ勉強になった・・・

鬼城さんこんばんは。

春日大社の神紋は藤ですね。
1200年以上の歴史があるとか
巫女さんは拝礼してから勤務です。

| うわつ | 2018/04/28 22:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uwatu.blog135.fc2.com/tb.php/3199-f17617eb

TRACKBACK

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ