前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

野良時計

岩崎弥太郎生家から遠くない所の野良時計です。


家ごとに時計のなかった明治の中頃、土地の旧家で地主であった畠中源馬氏が自分で時計組み立ての技術を身につけ、歯車から分銅まで手づくりで作り上げた時計台。
この時計台の原型は、当時畠中家の台所にかかっていた八角形の米国製の掛時計で、これを何度も分解しては組み立てて時計の構造を学んだといわれています。
古くから周辺で農作業をしていても遠くから時間を知ることができ、「野良時計」として現在も多くの人々に親しまれています。
(安芸市観光協会ホームページ)


時計は止まっていました。

 野良時計 (1)


 野良時計 (2)


 野良時計 (3)

| 風景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT

在る場所は・・・

案内板やネットなどで知ってはいましたが、これが野良時計ですか?時計は貴重品だったんですね。ブランドで無い限り、目覚ましなどは、1000円以下で買えます。腕時計も980円などと言うのもありますよ。私はここ何十年かはGショックの海外版の逆輸入で1万円ほどの電波、ソーラの電池苛卯を愛用しています。新しい土地に行くと知識が広まり、楽しいですね。

| 鬼城 | 2017/06/19 13:09 | URL |

Re: 在る場所は・・・

鬼城さんこんにちは。

知らない土地に行ったら何かしら調べますからね
高知の観光スポットはどこに行っても綺麗です。
土佐人気質なのでしょう。

| うわつ | 2017/06/19 13:17 | URL |

時間よ止まれ

時計は動いていないほうが良い
黒い板壁に真っ白な土佐漆喰
現実感がない方が素敵です

| chibigon86 | 2017/06/19 21:34 | URL |

Re: 時間よ止まれ

chibigon86さんこんばんは。

ロマンを感じるように時計は止まっていました。
時が止まっていましたね~いつから何だろ?

土佐漆喰が眩しいです。

| うわつ | 2017/06/19 23:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uwatu.blog135.fc2.com/tb.php/2879-160d42d8

TRACKBACK

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ