前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

吉田町の鹿踊り

吉田町の鹿踊りは七ツ鹿なのです。


昔(大正時代まで)は五ツ鹿だったのがいつの頃からか


七ツ鹿になったようです。


元和元年(1615)伊達秀宗の宇和島入部を機に


仙台地方から移入されたという。



立間八幡神社鹿踊り

吉田町秋祭り (1)


吉田町秋祭り (2)


吉田町秋祭り (3)
撮影日 11月3日

| 祭り | 06:27 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT

卯の刻?

吉田藩の守護神ですね。ここの七つ鹿も趣がありますね。拝殿前の動きなど美事・・・卯の刻相撲は行かなかったんですか?来年は追っかけます。

| 鬼城 | 2016/11/06 09:20 | URL |

大きな鹿も小さな鹿もいるのですね。
伊達秀宗によってはるばる仙台から来た
鹿踊りが今もずっと引き継がれているって
素晴らしいことですね。

| aunt carrot | 2016/11/06 20:02 | URL | ≫

Re: 卯の刻?

鬼城さんこんばんは。

今日はありがとうございました。
卯の刻相撲は目が覚めません(笑)

| うわつ | 2016/11/06 20:45 | URL |

Re: タイトルなし

aunt carrotさんこんばんは。

東北の鹿踊りのように荒々しく豪快ではありませんがね。
近在各所で五ツ鹿、七ツ鹿、八ツ鹿が受け継がれています。

| うわつ | 2016/11/06 20:55 | URL |

鹿の顔が・・・

あら、こちらの鹿は
カラフルな着物を着ていますね
鹿の顔がちょっと怖い・・・(笑)
地区によってちがうんですね

| chibigon86 | 2016/11/06 21:54 | URL |

Re: 鹿の顔が・・・

chibigon86さんこんばんは。

宇和島の鹿は優しい顔してるんです。
衣装も違うので調べると面白いですよ(笑)

| うわつ | 2016/11/06 22:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uwatu.blog135.fc2.com/tb.php/2649-5ca57d17

TRACKBACK

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ