前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

天神花踊り

天神花踊りは


戦国時代(天正1573頃)に土佐の長宗我部元親に滅ぼされた


歯長城主が討たれた天満神社で真剣を持って


供養のためと五穀豊穣を祈り勇壮に踊ります。






歯長城は難攻不落で長宗我部軍が攻めあぐねていた


そこで長宗我部軍は賑やかに土佐の太刀踊りをして


歯長城主を誘き寄せ討ち取ったという


領民はなぜ知らさなかったのでしょうか?


その時の歯長城主は足利又太郎忠綱?


三間の歴史を知らないので分かりません。


「天神花踊り」の伝承を説明する会長さん

天神花踊り (1)


生憎の天気なので足元が悪いです。


花踊りは注連縄に注目

天神花踊り (2)


踊りながら注連縄を切ります。


何度か撮影してようやく切った瞬間を一枚

天神花踊り (3)


太鼓は3人が交代

天神花踊り (4)


太鼓は小学生

天神花踊り (5)


太鼓は郷土史研究家の松本氏


太刀を奉納して終わりです。

天神花踊り (6)



| 行事 | 05:31 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT

動き

写真に動きがあって良いですね。切れる瞬間・・・連写でしょうか?子どもたちや継承する大人たちの努力の結果ですね。残念なのは晴れていたら・・・昔ならこの時期から米の収穫が始まっていたと思います。二年間でしたが、本殿に座っていました。

| 鬼城 | 2015/09/03 08:17 | URL |

Re: 動き

鬼城さんおはようございます。

天満神社の本殿に座ってたんですか(笑)
ブルーシートがなければ踊りも
もっと躍動できたのでしょうね。
良い踊りでした。

| うわつ | 2015/09/03 08:59 | URL |

 素晴らしい伝統文化ですね。少子化で子供の確保が難しくなっていると聞きますが、ここはどうなんでしょうかね~。
 ケーブルTVで見たのですが、足下が悪く大変な奉納だったようですね。
 それにしても、真剣を使っての踊りだと相手との距離感や間合いが難しいように感じますね。それだけ、気持ちを込めて緊張感を持って踊らないといけませんね。その緊張感あふれる画面になっているのが、「さすが師匠」といったところですね。 

| syoryuで~す。 | 2015/09/03 09:57 | URL |

Re: タイトルなし

syoryuで~す。さんこんにちは。

会長さんが少子化で子供がいないといってました。
いずれ継承されなくなるかもしれませんね。
写真は誰でも撮れますよ~(^^)

| うわつ | 2015/09/03 12:40 | URL |

似ている

こちらの花取り踊りと
よく似ています
注連縄を切るのも同じです
子供がいなくなってしまったので今は
見ることが出来ませんが
真剣を使うんですよね

| chibigon86 | 2015/09/03 21:12 | URL |

Re: 似ている

chibigon86さんこんばんは。

花踊りは土佐から来たそうですから
同じか似ているのでしょう。
見てみたいですね~(^^)

| うわつ | 2015/09/03 21:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uwatu.blog135.fc2.com/tb.php/2212-0a5bf1e9

TRACKBACK

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ