2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT | 次のページ

四万十川の夕焼け

四万十市の花火大会に来ていたら

西の空が焼けてきました。

花火には時間があったので夕焼け撮影です。

四万十川夕焼け (1)


この時がピークでした。

四万十川夕焼け (2)


ブロ友さんにモデルになってもらって

夕焼けの中の少女のつもりなんだけど

ちょっと無理があるかな~

四万十川夕焼け (3)
四万十市入田 8月26日撮影

| 四万十川 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

九島大橋

梶原先輩がオリンパスカメラを買ったものだから

撮影に行こうと誘ってくるので

夕方になると夕景撮りに行っています。


この日(24日)は九島の裏からでしたが

雲が厚くてここまででした。

20170824-九島 (1)


それから帰りにイルミネーションしている

九島大橋をちょこっと撮って帰りました。

20170824-九島 (2)


これは昨日です。

九島1

| 夕景 | 06:00 | コメント:4 | trackbacks(-) | TOP↑

ユリ

野のユリが咲いていました。


タカサゴユリらしいのですが

よく似たのにテッポウユリというのもあるので

ホントのところわかりません。


今頃いたる所に咲いています。

ユリ (1)


ユリ (2)

| | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

神の棲む島

立派な鳥居があるので神さまが棲む島でしょう。

夕日 (1)


良い色になったけどここまででした。

夕日 (2)
宇和島市 8月23日撮影

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

愛南町夏祭り

橋の上にいたけど

どんどん人が増えて来て移動しました。

愛南花火 (1)


愛南花火 (2)


愛南花火 (3)


愛南花火 (4)
愛南町 8月21日撮影

| 愛南町 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

愛南町夏祭り

愛南町の花火に行って来ました。


花火を遠くから撮るつもりだったけど


打ち上げは9時からだと聞いて祭りの会場に行ったら


愛南町全ての人が来ているのではないかと


思うほどの賑わいでした。

花火 (1)


変化する仕掛け花火の富士山

ナイアガラかな?

花火 (2)


花火 (3)


花火 (4)
愛南町  8月21日撮影

| 愛南町 | 06:00 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

大正鮎祭り

川に網を沈めておいて

かがり火で追い込んで鮎を獲る

昔ながらの鮎の火振り漁です。



鮎火振り (2)


鮎火振り (3)


鮎火振り (1)
四万十町大正 8月20日撮影

| 四万十川 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

鉄橋と沈下橋

予土線昭和駅近くで四万十川に架かる

沈下橋と三島鉄橋を入れて撮ろうと

弁当を広げたらトロッコ列車が走っている。



えっ~ なんで!!



まだ時間あると思ったのに

どうやら時刻表を見間違えてたようです。

予土線 (1)


見たのはこの列車の時刻表でした。

予土線 (2)


予土線 (3)
四万十町

| 鉄道 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

四万十川を釣る

鮎釣りで有名な四万十川

今年は釣れてるんでしょうか?


釣り人もラフティングを見とれていました。

四万十川 (1)


いつまでも見ていました。

四万十川 (2)

| 四万十川 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

ラフティング

夏ならではの川遊び

ラフティングで四万十川を下ってました。

川下り (2)


川下り (3)


川下り (4)


中には逆らってる人も

川下り (1)
四万十川  8月22日撮影

| 四万十川 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

一斗俵沈下橋 飛び込み

大正鮎祭りにかなりの時間があるからと

撮り歩きしながら一斗俵沈下橋に来たら

飛び込みをやっていました。


大人も子供も水深があって流れが穏やかなので

飛び込みをする人が多い沈下橋です。

飛び込み (1)


飛び込み (2)


この女性は踊ってから飛び込みました。

飛び込み (3)


よさこい移住してると言ってたから

踊りが好きなのでしょう。

飛び込み (4)
四万十町一斗俵  8月20日撮影

| 四万十川 | 06:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

きのうの夕景

焼けるかも知れないと

知永まで行って見たけど

ここまででした。

夕景

| 夕景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

八幡浜花火大会

いつもは五反田の山の上から撮影していたけど

山がモヤッていたので少し低い所が良いのではと

諏訪崎から撮りました。




一発目の花火は大きさが分からないので

いつも迷うけどなんとか入ってくれました。

八幡浜花火 (1)


八幡浜花火 (3)


八幡浜花火 (2)
八幡浜市 8月15日 撮影

| 風景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

五反田柱祭り

2時間松明を投げましたが

今年の柱祭りは400年の歴史の中で初めて

松明はかごの中に入らなかったのです。



過去には入るまで3日続けたそうですが

今年は諸般の事情で中止になりました。



なのでかごに入った画像はありません。

柱祭り (1)


柱祭り (2)
八幡浜市五反田 8月14日 撮影

| 祭り | 06:00 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

五反田柱祭り

松明投げで知られている五反田柱祭りに

ブロ友のだんだんさんと一緒に行って来ました。


柱祭りは、県指定無形民俗文化財で、約400年前の戦国時代に、土佐の長宗我部氏の軍勢と見誤って修験者金剛院が殺され、
その後五反田に悪い病気が流行り、地元の人はこれは金剛院の祟りに違いないといって、修験者の霊を鎮めるために供養する柱祭りをはじめた。高さ約20メートルの杉柱の先端にあるじょうご形の直径約40センチのかごを目がけて、鉄筋に麻木を束ねた「ガラ」に火をつけて放り上げ、かごの中で燃えるまで続けられます。



昨年は10分でかごの中に入ったので

選手の皆さん大勢の人が来ているので

早く入れないようおお願いします。

なんてジョークを言ったので会場から笑いが出ていました。



柱祭り (1)


柱祭り (2)


柱祭り (3)


私は真ん中

右は一緒に行っただんだんさんです。

彼はガラが飛んで来ているのを眺めていたそうで

飛んで来たガラは私の肩に当たりました。

鉄筋が入っているので痛かった~(*ノω゜)


眺めていただんだんさんは

撮影した画像が取り込めなかったとか?

柱祭り (4)
五反田柱祭り 8月14日 撮影   



| 祭り | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

宇和島闘牛お盆場所

闘牛



久しぶりに行った闘牛お盆場所です。

牛のしっぽに付けられていた紅白の印がなくなって

紅白のタスキは勢子がつけていました。


闘牛 (1)


闘牛 (2)


闘牛 (3)

| 闘牛 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

あしずり花火大会

きのうの続きです。


ちょっと見えにくいかもしれませんが

花火の上に北斗七星があります。


あしずり花火 (1)


あしずり花火 (2)


あしずり花火 (3)


あしずり花火 (4)
土佐清水市  8月12日撮影

| 風景 | 06:00 | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

あしずり花火大会

あしずりの花火大会に行くと

花火が終わって町を出るのに1時間ほどかかります。



それでも毎年豪快な花火を見に行きます。

1万発、45分間の打ち上げ花火でした。



土佐清水港打ち上げ前です。

あしずり花火 (1)


1発目はこんな感じ

あしずり花火 (2)


あとは連発花火の連続です。

あしずり花火 (3)


特大花火は入りません。

あしずり花火 (4)
土佐清水市  8月12日撮影

| 風景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

ツユクサ

どこからか種が飛んで来て

毎年庭にツユクサ(露草)の花が咲きます。

梅雨の花と思っていたのだがそうではないらしい。

朝露で咲くから露草の名がついたそうです。


ツユクサ (1)

同じツユクサだけど

いろいろ変えて撮りました。



ツユクサ (2)


ツユクサ (3)




| | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

お盆の準備

朝の涼しいうちに墓を掃除してお盆の準備です。

朝から多くの檀家の人が墓掃除に来ていて

かろうじて駐車できました。


形の良いナスと酢の物にする胡瓜と麻ガラを買い

御霊供は出来てるので簡単なものは当日作ります。


波 (1)


波 (2)







| 風景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ