2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT | 次のページ

猿田彦と巫女の舞

猿田彦と巫女の舞  由来と変遷

宇和津彦神社は、藩祖伊達秀宗治政の寛永九年、榊森(現在地)に移し祀られたが、正保年間に類焼するところとなり、慶安元年(1648)に新宮落成し遷座、今日に至っている。
 越えて翌二年、新営を祝って上下あげて盛大な祭りが催され、全氏子から祭礼ねりが繰り出されたが大工町(愛宕町)からは天童、巫女などを随えた猿田彦行列(大道神楽)が出て町々を浄め辻々で神楽を舞って、ねりの先導をつとめたとある。
 茲来、数多のねりが、籤引きで巡行の番を争ったが、猿田彦行列は天孫降臨の故事に則り、番外一番として常にその先導を賜った様子が、往時の祭礼絵巻に残されている。星霜三百有余年、行列の形態、装束などは、時代の移り変わりと共に変遷を重ねた。中略
 このねりでは、猿田彦に随う巫女が町々のおいて神楽を舞うのが特徴である。この神楽舞は四人の少女たちが白羽二重の舞衣(ちはや)をひるがえして舞う姿になぞらえて、鷺舞、または白鷺の舞と呼ばれている。後略



朝寝坊していたらトンとコトンの太鼓の音に


カメラだけ駆けつけ慌てて撮影したら


昨夜のままの設定でした。

猿田彦と巫女の舞由来


猿田彦と巫女の舞 (1)


猿田彦と巫女の舞 (2)

| 未分類 | 05:51 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

宇和津彦神社宵宮祭

宇和津彦神社秋祭り宵宮祭です。


宵宮祭では牛鬼・巫女の舞・獅子舞・八ツ鹿が奉納されます。


宇和津彦神社宵宮 (1)


宇和津彦神社宵宮 (2)


宇和津彦神社宵宮 (3)


宇和津彦神社宵宮 (4)

| 祭り | 05:47 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

期待外れ

夕景は期待外れになることが多いことは知ってるんだけど


数隻来ていた漁船が残ったのは一隻だけになりました。


期待外れ (1)


期待外れ (2)


期待外れ(3)

| 夕景 | 05:57 | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

三間のコスモス

三間のコスモスです。


コスモスの三間町として知られていますが


田園の中を予土線が走っているので


線路沿いにコスモスがないかな~と探したら


二名駅の近くに県道283号を挟んで少しだけありました。

コスモス (1)


コスモス (2)


コスモス (3)

| 鉄道 | 05:29 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

コスモス畑

昨日と同じ三間のコスモス畑です。


右奥には


四国八十八箇所霊場の第四十二 番札所があります。

コスモス三間 (1)


反対方向です。

コスモス三間 (2)


ハート型になるのはどこからだろうと探したら


横からハート型になりました。

コスモス三間 (3)

| 風景 | 05:29 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

時計が壊れる

この前、洋間の掛け時計がダウンしたので


ホームセンターで電波掛け時計を買って取替えたら


こんどは台所の掛け時計も止まっている。


壊れだしたら連鎖するようです。


次は何だろ~?








三間のコスモスが咲いてると聞いたので行って見ました。


ハートの形にしてるのでしょう。


背丈の低いコスモス

三間コスモス (1)


少しだけあった普通のコスモス

三間コスモス (2)


アサギマダラを見つけました

三間コスモス (3)






| | 05:47 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

遅咲きのヒマワリ

鬼北町下小越バス停にひまわりが咲いています。


畑の持ち主の小越さんが


毎年この秋にひまわりを咲かせています。

ひまわり

| | 05:24 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

ペコロスの母に会いに行く

何かをしようとして立ち上がったり振り向いたら


何をしようとしたのか?


分からない時があって思い出すまで時間がかかったり


思い出すのをあきらめたりと


物忘れが激しくなってきている。


これは認知症が進んでいるのかも知れないと思っていたら


認知症普及啓発映画上映会があったので見てきました。


上映前に認知症のテストを受けたら満点だった。






認知症のみつえを演じている赤木春恵さんは名女優です。


おそらく認知症なのだと思ってしまうほどの名演技でした。


息子の雄一の岩松了さんも良かった。




ボケるならこのようのボケたいものだと思いました。


笑いあり涙あり心温まる映画でした。

映画

| その他 | 06:11 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

明浜町高山の秋祭り

西予市明浜町高山の秋祭りは


宵宮の潮垢離は青年達が褌姿で海に飛び込み身を清める儀式


勇壮な祭りで南予の奇祭とも言われているそうです。

高山秋祭り (1)


高山秋祭り (4)

| 祭り | 05:40 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

法起寺風景

奈良斑鳩の法起寺です。


日本最古の三重塔が見える法起寺は


好きな風景です

法起寺コスモス (1)


法起寺コスモス (2)


法起寺コスモス (3)

| 奈良 | 05:28 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

大仏殿

毎月のように奈良に来ているけど


東大寺をいつもは外から見るだけでした。



その時のことは全然覚えてないけど


東大寺の仏殿に入ったのは修学旅行以来です。


たぶん?




入ったのは午前8時前だったので修学旅行生は少なかったです。


修学旅行生への説明を聞いたら大仏殿の鴟尾は2億円だとか


一対で4億円か~と思いながら中へ

大仏殿 (1)


大仏殿 (2)


比較するものがないから大きく見えないけど


鎌倉の大仏より大きいそうです。


・ 奈良の大仏
像高14.98m、台座3.05m、台座約130t、下から見上げたときの高さ18m、重さ約250t

・ 鎌倉の大仏
像高11.3m、台座2.05m、台座を含む高さ13.35m、重さ約124t
(奈良・鎌倉 大仏百科より)

大仏殿 (3)


虚空蔵菩薩と並べて撮ると大きいです。

大仏殿 (4)

| 奈良 | 06:33 | コメント:14 | トラックバック:0 | TOP↑

お供馬

きのうの続きです。


お供馬は加茂神社秋祭りで

着飾った子供の乗子が着飾った馬に乗り

加茂神社の参道を駆けるけ抜ける走りこみ行事です。

乗子の少年たちは6歳から15歳まで

参道およそ300メートルの参道を駆け抜けます。

お供馬菊間町 (1)


お供馬菊間町 (2)


お供馬菊間町 (3)

| 行事 | 06:30 | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

菊間町秋祭り お供馬

先日菊間町のお供馬に行って来ました。


疾走しているところは良く見ますが


走り出すまでを知らないので見てきました。





スタート地点までゆっくり馬をひいて行きます。

菊間町お供馬 (1)

スタート地点で向きを変えます。


緊張する瞬間

菊間町お供馬 (2)


方向転換するとすぐに走り出します。

菊間町お供馬 (3)


おそらく安全を祈るような気持ちで


見送ってるんでしょう。

菊間町お供馬 (4)

| 行事 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

ロストラル

フランスの豪華客船 ロストラル が宇和島に寄港しました。


総トン数:10,700トン 定員:264名 室数:132室 全長:142m 全幅:18m 


13時出港との情報を聞いたので


お昼抜きで追いかけてみました。

1


2


3


4




| 未分類 | 05:40 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

コスモスの花

ひまわりが咲いていました。

コスモス (1)


ひまわりの向こうはコスモスの花


背丈がちょうどいいコスモスです。

コスモス (2)


コスモス (3)


コスモス (4)

| | 05:15 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

鬼北町のそばの花

鬼北町出目に蕎麦畑があり


可憐な蕎麦の花が咲いています。

そばの花 (1)


そばの花 (2)



今年は赤蕎麦の種を少しもらったので一畝植えたけど


数株しか出なかったと地主さんが言ってました。

そばの花 (3)

| | 05:38 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

きのうの夕景

電池を交換したらしばらく動いていたので


そのままにしていた掛け時計がついに止まってしまいました。


PCに時計があるので時間はわかるけど


掛け時計を見る癖がついているのでどうしても見てしまいます。


止まっているのに。






久しぶりに焼けました。

知永夕景 (1)


知永夕景 (3)
吉田町知永





| 夕景 | 05:10 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

赤い花

よく似ている赤い花にミゾソバと


ママコノシリヌグイというのがあるらしい。



ミゾソバは溝や土手に生えるから(溝蕎麦)



ママコノシリヌグイにはトゲがあり(継子の尻拭い)と書くらしい


継子の尻を拭いてイジメたからだと書いてあった。

ミゾソバ (1)


これはミゾソバかそれともママコノシリヌグイなのか?


どちらもトゲがあるのだがトゲまで気がつかなかった。


今度行ったら良く観察してみます。

ミゾソバ (2)

| | 05:20 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

四万十川 予土線

宇和島駅から窪川駅までの予土線は


愛媛県から高知県へ入るとやがて四万十川を


縫うように予土線が走っています。


ここは高知県四万十市西土佐半家です。

予土線 半家 (1)


予土線 半家 (2)


予土線 半家 (3)
トロッコ列車の運行日はJR四国にお問い合わせください。

| 鉄道 | 05:54 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

アサギマダラが飛んで来た。

庭の片隅に植えてある100株ほどのフジバカマに


今年もアサギマダラが1頭だけですが


初飛来しました。

20161011-アサギマダラ (1)


昨年は27頭飛んで来てくれました。


いつも留守をするのでもっと来ていたのかも知れません。

20161011-アサギマダラ (2)

16.10.11 宇和島 うわつ とマーキングして放しました。


どこまで飛んでゆくのでしょうか?

20161011-アサギマダラ (3)


| 昆虫 | 05:30 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ