2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

| PAGE-SELECT | 次のページ

和霊大祭 お神輿

お神輿が港に到着しました。

20160724- (1)


川に入るため神輿の飾りは外されています。

20160724- (2)


お神輿が走ります。

20160724-.jpg


そして回ります。

20160724- (3)

船に乗ります。

20160724- (4)

船上で何度も差し上げられます。


樺崎港から陸に上がり走り込みになります。

20160724- (5)

| 祭り | 05:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

和霊大祭 お神輿

昨日からのつづきです。


お神輿は市内を練り丸の内和霊神社前交差点で


走り込みのミニリハーサルを行います。


本番を見に行けない人はここで見ることが出来ます。


ここでの見どころは


竹を数人で倒れないよう支えていて


人の上に人が乗りながら竹を登り御幣をとります。

20160724-お神輿 (1)


休憩後商店街を練り港に向かいます。

20160724-お神輿 (2)


20160724-お神輿 (3)


20160724-お神輿 (4)

大漁旗を立てて神輿を待つ船


20160724-お神輿 (5)

| 祭り | 05:00 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

和霊大祭 お神輿

和霊神社のお神輿は夕方5時に神殿から出されます。

20160724-和霊大祭 (1)


20160724-和霊大祭 (2)


鏡わりのあと境内で竹の周りを廻ります。

20160724-和霊大祭 (3)


伊達博物館の本田館長は和霊大祭の解説でしょうか


ケーブルテレビの美人スタッフと出演中でした。

20160724-和霊大祭 (5)
和霊神社は
和霊さんと言われ山家清兵衛を神として祀っています。山家清兵衛公頼の死後、宇和島藩内ではさまざまな祟りが発生し藩主秀宗の発病などもあり、すべて清兵衛の祟りではないかと承応2年(1653年)に秀宗の命により、領民からも慕われていた山家清兵衛公頼を祀る和霊神社が創建された。


お神輿は和霊神社~市内を練り~近い方の和霊神社(山家清兵衛屋敷跡地)


近い方の和霊神社とは
市内丸の内にある宇和島藩の家老山家清兵衛公頼の屋敷跡で襲撃された所です。


このあと市内を練り~内港~お神輿を船に乗せ~樺崎から陸に上がり


須賀橋から須賀川に入ります。


須賀川は潮が満ちたら汽水域になります。


和霊大祭時期は潮が満ちていて水深1,3m位はあるでしょう。


| 祭り | 05:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

和霊大祭夏祭り 牛鬼

門がある神社は珍しいと思います。


和霊神社には門があり


そこへ牛鬼の頭を入れています。


牛鬼 (1)


今度はくぐらせて境内に入れようとしています。

牛鬼 (2)


どうやらギリギリで入ったようです。

牛鬼 (3)

| 祭り | 05:00 | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

和霊大祭夏祭り 牛鬼

和霊神社大祭夏祭りの牛鬼です。


宇和島の牛鬼は竹を組んで形を作り布を被せています。


最近は色とりどりの牛鬼が出ていますが


昔は赤い牛鬼とシュロの牛鬼だけだったように思います。

牛鬼 (1)


牛鬼 (2)

| 祭り | 05:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

和霊大祭夏祭り 闘牛

宇和島闘牛和霊大祭場所です。


和霊大祭には良く雨が降ります。


闘牛が行われていた24日も通り雨が降りました。


最近は言わなくなっているようですが


子供の頃、和霊さんの涙雨だと聞かされていました。

闘牛


闘牛 (2)


闘牛 (1)




| 祭り | 05:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

和霊大祭夏祭り 仙台すずめ踊り

和霊神社の夏祭りに「仙台すずめ踊り」がやって来ました。


洗練され軽やかに舞うすずめ踊りは


阿波踊りの男踊りのようでした。


仙台すずめ踊り (1)


仙台すずめ踊り (2)


仙台すずめ踊り (3)




| 祭り | 05:00 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

和霊大祭夏祭り 花火

和霊神社の夏祭り始まりました。


今年も城下町を入れて撮りました。



20160723 (1)


20160723 (2)


20160723 (3)

| 祭り | 05:00 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

星ヶ丘公園

三原村の星ヶ丘公園です。


この花はオニバス(鬼蓮)です。


これで満開なのだそうです。

星ヶ丘 (2)


こちらはいろんな色の


スイレンの浮き葉が面白かったので

星ヶ丘 (1)

| | 05:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

オオオニバスの花

三原村星ヶ丘公園です。


オオオニバスの花が咲いていました。


咲いたときは白いのですが


夕方になると他のスイレンは萎みますが


オオオニバスの花はピンク色になります。


オオオニバス (1)



まだ蕾があるので興味のある方は行って見てください。

オオオニバス (2)

| | 05:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

星ヶ丘公園

星ヶ丘公園のハマユウの花です。


星ヶ丘 (1)


星ヶ丘 (3)


毎日、矢野さんが池の手入れしているので


いつ行っても綺麗です。


オオオニハスの葉が風でひっくり返っているのも

星ヶ丘 (2)


元に戻します。

星ヶ丘

| | 05:00 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

暑中お見舞い申し上げます

16・7・20暑中見舞い

四国地方は梅雨が明けました。


これから連日猛暑の季節になることでしょう。


皆さまどうぞご自愛ください。

| | 05:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

由良神社の和船競漕

由良神社の和船競漕は最終章です。


距離は800m 船頭1人 拍子木1人 10丁櫓×2人 采振り1人


和船は総勢29名ですので残りの人は交代漕ぎ手です。


中央で拍子木を叩きます。


20160715-和船競漕拍子木 (5)


拍子木の音に合わせて船首で采を振ります。

20160715-和船競漕采振り (4)




20160715-和船競漕采振り (3)


踊るように采を振ります。

20160715-漕ぐ! (4)


舵を持つ船頭は漕ぎ手を奮い立たせるため冷水をかけます。

20160715-冷水


漕ぐ!

20160715-漕ぐ! (1)


漕ぐ!

20160715-漕ぐ! (2)


白組は風に押されてコースから外れました。

20160715-あら~


審判船のフラッグが振られて紅組がゴールしました。

20160715-審判船


エイエイオー!


紅組 勝利の勝どきです。

20160715-勝どき


互いの健闘を称えます。

20160715-互いの健闘

カメラマン専用船には数年前まで4人でしたが


年々増えて今年は30人ほどになりました。


皆さん満足されたようです。

20160715-カメラマン
「津島町下灘押し舟保存会」事務局長 赤松 千明様
皆さまありがとうございました。

最後まで見ていただきましてありがとうございます。

| 行事 | 05:20 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

由良神社の和船競漕

宇和島市津島町下灘地区の由良神社のはだか祭りのこと


和船競漕の由来は
天保8年、須下の赤碆から現在の山崎に開山移鎮した際、由良権現怒りたまいしか、赤碆と(曲烏とも言われている)の間に水堤(津久波)が立ち、船の航行をを止めたので神の怒りを鎮め奉るため、総代村議相謀り村の若人の中から、選手を選び新造船(八丁櫓~12丁櫓)二隻を仕たて、沖、奥に分かれて押し合いさせて突破をおこして水堤を崩したという・・・・・・これより神意に吐うべく夏祭を期して神事とした事より始まったものと口伝されている。
押し船保存会資料

その後地域の行事として実施、中止を繰り返し、昭和61年 長さ11m 幅3m 10丁櫓の和船2艘を新造し、1,600mで開催していたが、真珠産業不況や漕ぎ手不足ため再び中止、平成23年より1艘でデモンストレーションを開催。
平成24年より800mにして赤組白組で競漕することになった。
資料要約




宇和島市津島町下灘地区の由良神社のはだか祭り


11時 和船競漕スタートです。

20160715-スタート


スタートダッシュしたのは赤組か

20160715-.jpg


下灘地区を2つに分けています。


白組   須下・成・平井・曲烏・柿之浦・塩定
      浦知・嵐・針木

20160715-和船競漕 (2)


赤組   横浦・鼠鳴・弓立・坪井・泥目水・田颪
      脇・曽根・田之浜・竹ヶ島

20160715-和船競漕 (1)


南海放送TVの撮影クルーも来ていました。

20160715-和船競漕
長くなりましたがゴールは明日です。

| 行事 | 05:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

由良神社夏祭り

和船競漕が始まるまで1時間ほどあります。


それまでお付き合いください。


巫女さんもお神輿船に乗ります。

20160715-由良神社夏祭り (1)

お神輿を乗せた船は由良神社の前で


3回まわります。

20160715-由良神社夏祭り (2)


そしてゴールの鼠鳴へ向かいます。

20160715-由良神社夏祭り (3)


20160715-由良神社夏祭り (4)


巫女さんも上陸

20160715-由良神社夏祭り (5)


和船競漕が始まる前のウォーミングアップです。

20160715-由良神社夏祭り(7)

ところが紅組に櫓が折れるというアクシデントが起きました。


予備の櫓に替えて競技に間に合いました。


余談ですが櫓は15万円以上するそうです。

20160715-由良神社夏祭り (6)
つづく

| 行事 | 05:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

由良神社夏祭り

由良神社夏祭りに行って来ました。


海の男たちの出陣式です。

由良神社はだか祭り (1)

浦安の舞奉納


今年は巫女さんは2人(昨年4人)でした。

由良神社はだか祭り (2)


由良神社はだか祭り (2)


権現太鼓奉納

由良神社はだか祭り (4)


由良神社はだか祭り (5)

漕ぎ手(選手)

由良神社はだか祭り (3)

お神輿を船に積みます。

由良神社はだか祭り (6)
つづく

| 行事 | 05:00 | コメント:14 | トラックバック:0 | TOP↑

伊予神楽舞う

和霊神社でお神楽があるというので行って来ました。


国指定重要無形民俗文化財の伊予神楽でした。


伊予神楽とは

民間で行われる里神楽は、巫女神楽・出雲流神楽・伊勢流神楽(湯立神楽)・獅子神楽に分類される。そのうち出雲流神楽は、岩戸開きの神話などを脚色した仮面劇をともない榊などの採物を持つので採物神楽ともいわれる。伊予神楽は、この出雲流神楽に属し、ちかくでは八幡浜市の川名津神楽や八幡神楽、高知県高岡郡檮原町の津野山神楽などと同系統のものと考えられる。
元文三(一七三八)年八月宇城板島郷正一位八幡宮宇正之神主渡辺豊前守源応曹が編した「伊予神楽舞歌並次第目録」の序によると、もと「男神子四国神楽」と称していたが、伊予二名島(四国の古名)の古義にしたがって、「伊予神楽」と称したということである。
 神楽の曲名は、最初の「天神地定祗、勧請太麻之事」から最後の「神送之神楽払共」まで、全部で三十五種もあり、夜間に奏上されるのが原則であるが、全曲を奏上するには、夜を徹して行わなくてはならない。神楽の奏上は、いずれも斎戒沐浴した神職によって行われ厳粛なものである。
 その反面、上代日本人の気質が反映されていて、明るく楽しく、時としてユーモラスな感じさえする。悪魔払いを主題とする場合(例えば十三番の大蛇舞之事)でも、力づくで悪魔をやっつけるのではなく、神の威光で悪魔を従えるといった、和やかな、おおらかなものである。
笛の旋律も太鼓のリズムも軽快で、若い世代の人たちにも共感を呼ぶところが少なくない。市内や近郊の神社の春祭りには、伊予神楽が日中、一五番くらいの曲を選んで奏上される。

 三五曲を全部演じるためには、舞・演技・所作・奏楽に独自の技術の習得を要し、老練者から若年者への指導と伝授が代々行われて来た。現在、伊予神楽伝承のため南予一円の神職十余名が定期的に練習を重ねている。
宇和島市ホームページより


20160712-伊予神楽舞う (1)


20160712-伊予神楽舞う (2)


お神楽は難しいと思っていたら


鬼と相撲を取った少年が鬼を投げ飛ばす場面もあり


親御さんは大喜びでした。

20160712-伊予神楽舞う (3)
撮影日  7月12日 和霊神社神殿  

| 行事 | 05:00 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

ハンカイソウ

四国カルストのハンカイソウです。


高原が黄色く染まります。

ハンカイソウ (2)


ジャノメチョウがいました。

ハンカイソウ (1)


ハンカイソウは牛の放牧地に咲いています

ハンカイソウ (3)

| | 05:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

四国カルスト

ハンカイソウを見に昨日も四国カルストに行ってました。


ササユリは満開でした。

20160706-ササユリ


ヒメユリはまだ蕾がありました。

20160706-ヒメユリ


ハンカイソウは見ごろでした。

20160712-ハンカイソウ



| | 05:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

天狗荘

四国カルストの標高1400mの



高原ふれあいの家天狗荘の前です。


天狗荘は右の建物です。





17日に夜神楽のイベントがあるそうです。


詳しくは天狗荘ホームページを見てください。

天狗 (2)

| 風景 | 05:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ