2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT | 次のページ

黄昏ブルーが焼けた

20年使ったボイラー


点火したらお湯が出たり出なかったりしていたけど


ついにダウンしました。


修理するには部品交換しなければならないが


部品が無いと言われたので新しくします。


また20年使うことが出来るということです。


ボイラーのほうが長生きでしょう。





黄昏ブルーで終わりかなと思っていたら


下波夕景 (i)



焼けてきたので急いで移動しました。


三脚立てる間が無く手持ち撮影してます。

下波夕景 (2)

| 夕景 | 05:30 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

スーパームーン

月を撮りに行かないかとK先輩とK沢さんに誘われて


行ってきました四国カルスト


その前に夕景も狙おうや~と日暮れ前に到着しました。


数人のカメラマンも来ていましたが


夕焼けはダメだとあきらめて下山して行きます。


四国カルスト (1)


せっかく来たのだからと移動して月の出を待ちます。


お月さんが顔を出してくれたけど雲がありました。

四国カルスト (2)



スーパームーンは雲が多くて撮れなかったので


中秋の月です。

中秋の月

| 風景 | 05:30 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

夕焼け ひつじ雲

夕焼けが変化してゆく様子です。


このまま焼けてくれたらと思っていたら


ひつじ雲が消えて行きます。

夕景 (1)


この日は黄色く焼けました。

夕景 (2)


そしてくれてゆきます。

夕景 (3)

| 夕景 | 05:30 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

樫谷の棚田

大洲市戒川の樫谷棚田です。


黄金色に実る稲穂は27日が稲刈り収穫祭だそうです。


樫谷 (3)


樫谷(4)


樫谷 (1)


樫谷 (2)

| 棚田 | 05:30 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

シワガラの滝

洞窟の中に落ちるシワガラの滝


洞窟の中は飛沫が飛んでいて上から水が落ちてきます。


油断しているとこのようになります。


シワガラの滝 (1)


シワガラの滝 (2)


シワガラの滝 (3)
帰りは1,200m沢を歩き鎖やロープを掴んで上ります。

I 本さんと休みながら戻りました。

体力の無い高齢者向きではありません。

駐車場にたどり着いたらアサギマダラ蝶が飛んでいました。

それから湯村温泉に直行しました。

| | 05:30 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

シワガラの滝

この前の猿壷の滝の続きです。


次はシワガラの滝にも「行こうや」と言うことで


シワガラの滝へ向かいます。




シワガラの滝は駐車場からおよそ1,200m


ツキノワグマ出没注意と書いてあります。




シワガラの滝までの1,200mは高齢者にはキツイです。


歩き始めはそれほどでもなかったけど


途中から鎖やロープが張ってあり


それを握って登ったり下りたりしなければなりません。


水が入った長靴のままだから中はグジュグジュして踏ん張れないので


時には滑って滑落しそうになりました。


シワガラの滝 (1)


シワガラの滝入り口が見えます。


沢に下りてもシワガラの滝まで川の中を歩きます。

シワガラの滝 (2)



ここからでも20m以上あります。


滝がわずかに見えています。


帰りの道が不安ですが


ここまで来たのだから入ってみましょうか。

シワガラの滝 (3)



滝は洞窟の中に落ちています。


中は暗くて8~10帖位の広さでしょうか?


外からの明かりだけです。


湿気も相当あり上から水が落ちてきます。


洞窟の滝という珍しいシワガラの滝です。


シワガラの滝 (4)

| | 05:30 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

お彼岸だから 彼岸花

秋の連休を最近はシルバーウイークというらしい


敬老の日があるからかな?と思っていたのだが


それだけではないらしい。


ゴールデンウイークは金だからそれに対する


シルバーつまり銀ということらしい。


毎日が連休者には金でも銀でも関係ないけど


ボイラーが壊れて修理が出来ないので困ります。





お彼岸だから


彼岸花 (1)


彼岸花 (2)


彼岸花 (3)

| | 05:30 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

猿壷の滝

新緑の頃はもっと良いだろうな~と


思いながら撮影していました。


猿壷の滝 (1)


熊の生息地だと聞いたので余裕がありません。

猿壷の滝 (2)


I 本さんの長靴も穴が空いていたと言ってました。

猿壷の滝 (3)

| | 05:30 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

猿壷の滝

「ここや~着きましたで~」と I 本さん。


着いた所は「猿壷の滝」でした。


猿壷の滝はここから5分ほど歩いた所にあるという。


猿壷の滝 (1)

途中から沢を歩くので長靴を履いていたのですが


水が冷たいと思っていたら長靴に穴が空いていました。


しかも両方なので冷たくてグジュグジュになって歩きにくいんです(*ノω゜)


猿壷の滝 (2)


見えてきた猿壷の滝です。

猿壷の滝 (3)


落差はないけど綺麗です。

猿壷の滝(4)

| | 05:30 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

目的地に向かって

目的地に向かう途中です。


ここが何処なのか I 本さん任せなので分かりませんが


ちょっといいな~と車を止めて撮影しました。


兵庫県新温泉町の岸田辺りだろうと思います。

途中の風景 (1)


それから山道をしばらく走っていると滝がありました。


名前は無いようです。

滝


山では色づき始めていました。

紅葉

目的地はどこなのでしょうか?

| 風景 | 05:30 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

奈良から移動

18日の宮奥ダムの朝景です。


生憎の天気でしたが足跡を残しに出かけました。


人気ポイントなので先客のカメランが1人いました。


宮奥風景

それから飛び石を撮影して写友の I 本さんとの


待ち合わせ場所に向かう途中に福知山城が見えたので


近くの小高い丘から撮りました。

福知山城

| 風景 | 05:30 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

飛鳥川 飛び石

明日香の飛鳥川に10個ほどの石が並べられている


ここを「飛び石」といって明日香ファンなら必ず訪れる所です。




飛び石の傍に歌碑がありました。


(巻 11 2701)は万葉集だろうと思います。


「明日香川 明日も渡らむ石橋の 
遠き心は 思ほえぬかも」

(大意)
あなたに対して遠く
はなれた気持ちを
持っていません


おそらく恋の歌なのでしょう。





16日の飛び石

飛び石 (1)


17日の飛び石


雨が降って濁っています。


撮影会が終わり飛び石で待ち合わせて


激写中の I 本さん

飛び石 (2)


18日の飛び石です。

飛び石 (3)



| 風景 | 05:30 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

明日香

きのうは明日香で撮影会でした。


彼岸花があまり咲いていないのでどこへ行くか迷います。


あまり咲いていなくてもその時はどうするかという


見つけ方など得るものはあります。


飛鳥川稲渕


稲渕

豊浦

豊浦


夕焼けを撮ってみたい棚田

明日香


| 奈良 | 05:33 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

明日香の彼岸花

奈良の撮影会に来ています。


撮影会の前日に明日香に着いたので


稲渕棚田などロケハンしたら彼岸花がまだ咲いていません。


やはりお彼岸頃が見ごろのようです。


彼岸花が一番多く咲いていたところです。


明日香 (1)


案山子コンテストの準備は出来ていました。


たしか「早乙女」という案山子でした。

明日香 (2)




| 棚田 | 05:30 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

彼岸花

お彼岸が近くなって彼岸花が咲きだしました。


今年は早いところや遅いところがあるようです。




彼岸花 (2)


彼岸花 (1)


彼岸花 (3)

| | 05:30 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

大洲城

大洲城に登城するのは2回目です。


最初は夜の竹灯篭だったから良くわからなかったが


とてもきれいなお城です。




秋雲が出ていたから急に行ってみようと思っても


山城ではないので楽に上れました。


大洲城 (1)


石垣が膨れていました。

大洲城 (2)


アンパンマン列車と大洲城

大洲城とアンパンマン列車








| | 05:30 | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

ヤマガラと遊ぶ

この前にもアップした梼原のヤマガラです。


「百一草園」に行ったのも2回目です。




ヤマガラを2羽も手に止らせてひと時の癒しです。


3羽止った時もありました。

ヤマガラと遊ぶ (4)


少しくらい移動しても追いかけて来るんです。

ヤマガラと遊ぶ (3)


手に止らせて撮ることも出来ます。

ヤマガラと遊ぶ (1)









| | 05:30 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

きのうの朝景と夕景

朝景


いつもより早く目が覚めたので


外を見たら焼けて来そうな雲が出ていました。


近くで朝焼けが撮れるところは坂下津岸壁です。


ここからは内港を挟んで市街地と泉が森が望めます。


朝景



夕景


愛宕山からです。


お日さまが沈む頃には秋雲は消えてしまいました。


夕景


| 風景 | 05:34 | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

秋海棠

奈良の写友が秋海棠をブログアップしている。


近くに群生地はないかと探したけど


なかなか見つかりません。





少しだけでも咲いているところはないかと探したら


これだけ咲いている所を見つけました。

秋海棠 (1)


下を向いて咲いているので


横からはダメでした。

秋海棠 (2)

| | 05:36 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

忘れていた画像

しばらく使ってなかったコンデジを充電しておこうと思い


メモリーをPCに取り込んだら何ヶ月も前の画像が出て来ました。


日付は6月11日となっていました。


6月上旬は北海道なのだが撮影したかな~?


ウトナイ湖 (2)


2枚目を見て思い出しました。


年甲斐もなくハート型になったらいいな~と思って


長い時間カメラ構えて待っていました。


結局ハート型にはならなかった~(*ノω゜)

ウトナイ湖 (3)

ウトナイ湖は道の駅が隣接してあり


近くにコンビにもあり静かでした。


早朝のウトナイ湖畔を散歩したことを思い出しました。

ウトナイ湖 (1)
他にも記憶から消えていた画像も出て来ました。


| | 05:32 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ