2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | 次のページ

WASHUSAN

ここ2日ほど疲れがどっと出てきている。立っていてもどこかに寄りかからなければならないほどだった。歳のせ

いといえばそれまでなのだが・・・・PCもプリンターも狂った何か変だった。!

先日、菊間町から今治に向かっている時オレンジ色のファンネルを見つけた。その時は急いでいたので撮らずに通

過したが、きのう、墓参りがすんでから気晴らしになるかと、撮り歩きしながら菊間に向かった。

巨大船 WASHUSAN だという情報はDさんから聞いていた。この船を撮るには高さ2mほどある堤防の上を

歩いて撮影ポイントを探さなければならない。釣り人が置いている梯子で堤防に登る。そして幅50cmほどの

堤防の上を10mほど歩いたところで、危険なところだと気がついた。海側はテトラポットなのだからふらつい

て、落ちれば命はないだろう。まだ150mほどある引き返そうかと思ったが、ここで回転するのはもっと危険だ

ろう。その時はその時だと腹をくくって歩いた。




WASHUSAN 全長330m 30万トン は間違いないと思うが、Dさんも撮っていないそうなので詳細は

分かりません。荷揚げが始まったばかりなのでかなり沈んでいます。

 WASHUSAN


WASHUSANを撮って松山に向かっていたら巨大船が走っていた。

AZURUL VICTORIA 積載重量トン数 206,291トン 幅 50、0m 全長 299,94mと

ある、あと6cmで300mなのだ、きりの良いところで300mにしなかったのだろうか?

 AZURU VICTORIA


自動車運搬船 CARRERA  総トン数46,800トン 幅31,50m 全長 182,80m

船首にZマークが入っていました。

 CARRERA



昨日の夕日

船を撮っていて夕日ポイントが探せず行き当たりばったりでした。

 北条夕日
北条にて

| | 08:00 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

菜の花

ここは西予市明浜町になる。宇和海に面した段々畑に菜の花が咲いていた。夕景を撮りに行った頃だったので日陰

になっていたが撮っておく、上の段の柑橘は何だろうか? 

 菜の花


今日は月命日なので墓参りにゆく。

 菜の花


昨日の夕景

厚い雲からお日様が顔を出したが九州の山に沈んでゆく。灯台の灯にあわせて。

 吉田町 落日

| | 08:00 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

興福寺

先日奈良へ行った。間違えて一つ手前の駅で降りてしまったので奈良公園までかなり歩くはめに、しかも上り坂

だった。教室の開始時間があるので遠くまで行けないなと興福寺辺りを歩く。

興福寺五重塔


社寺を見て歩くのは好きだが、信仰心が薄いので、いつも手を合わすことすらしないでいた。

興福寺五重塔


今回だけは、あの修行僧の無事を祈り南円堂で手を合わせた。

たまの願は聞いていただけないかも・・・・・

橘の実 興福寺南円堂
南円堂の係りの人から橘の実だと教えてもらった。

いらかの波と雲の波~♪ 重なる波のなかぞらを~♪ 橘かおる朝風に 高く泳ぐや鯉のぼり~♪

こいのぼりの歌の橘(たちばな)だと聞いた。

| 風景 | 11:39 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

花と赤い実

寒に咲く菖蒲があると聞いていたが、初めて見ることができました。

寒あやめ


今の季節の代表は水仙ですね。

水仙


南天や千両、万両などありますが・・・・・

赤い実

| | 08:00 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

雪の日

北国ではいつも以上に雪が降ったとニュースで流れていた。宇和島でも雪の降る日が続いています。

雪と南天


石の仏さんもさぞや寒かろう。

雪の日




| 風景 | 16:26 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

修行遍路

少年のお遍路さんと再度出合ったところが三間の札所に行く「たいこまんや」の前だったのもお接待をしようと思

った理由の1つかもしれないそして、亡くなった連れ合いの供養遍路に未だに一歩が出せないでいる自分へのふがい

なさをわびる気持ちもあるのかもしれない。彼は快く接待を受けてくれた。

「たいこまんや」でたいこまんやの女将が「あんた、女の子かね~」「はい」「この雪が降るのに今夜は宿を決め

とるのかねー」「いえ、この先の道の駅で野宿します」「ひぇ~そりゃーやめたほうがいいわーこの雪だし三間は

冷いとこやでー」「今日までずっとそうして来ましたから」

会話を聞いていて私は「・・・・・・」
IMG_6718 遍路修行


前日は須の川公園の屋根はあるがベンチで寝たという。

IMG_6812 修行遍路


三礼

IMG_6752三礼をする修行遍路


寝袋だけでテントを持っていないので時には電話ボックスで夜を明かしたこともあり、

「カッパを着て寝袋にもぐりこみ、寒さで眠れないときはお経を唱えています」といって笑っていた。

IMG_6744修行遍路


薄い法衣にトレーニングパンツとスニーカーだった。

IMG_6791修行遍路に雪降る


般若心経と観音経3巻とたぶん和讃だろうを唱えていた。一心にお経を唱える声は境内に響き渡り、全て終わるま

で約1時間、唱える姿は微動だにしなかった。許可をもらって撮影していたが、レンズを通して感動している私が

いた。

IMG_6835修行遍路に雪降る



おそらく今日は内子から久万高原町あたりだろうか、ますます高地で雪も多くなるだろう。

「修行ですから」といって笑っていたが、どうか無事結願されるよう祈るほかない。

IMG_6823修行遍路
国見山大国寺 修行僧




| 未分類 | 01:10 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

石手寺

先日、51番札所の石手寺に行った。三重塔を撮りたかったが、仁王門のわらじを架け替えたばかりで境内が混雑

していたので早々に引き上げました。

石手寺


多くの人がお参りをしていました。

石手寺


昨日は雪が舞っていて鬼ヶ城は真っ白になっていた。三間には雪が積もっているだろうと、三間に向かう途中で

修行遍路の少年に出会った。

一昨日宿毛の夕日を撮りに行く途中の八百坂ですれ違った少年遍路だった。おそらく雪が積んでいるであろう三間

に向かっていた。これも何かの縁、なぜかお接待をしたくなった。  つづく

水仙




| 風景 | 08:00 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

マガモ

今朝はゴミ出しの日なので玄関を開けたら雪が舞っていた、近くでシューというかシャーという音がしている、こ

の寒さで水道管でもさけたのかと見渡すとお向かいさん所だった。大切な水なのでほおってもおけず知らせてあげ

た。見ればメーターから外だった。バルブのようなものが付いているのでモンキーで閉めたら止まった。

止まったら水が使えないので「水道局に連絡してあげましょうか?」「電話がないのでお願いします」で、水道局

に電話をした「水道管がさけて水が出ています。メーターから外ですが、バルブを閉めたら止まりましたけど」

職員は「そんなんで電話してこんといてくれ~!!」「え~メーターから外ですよ」といったが、メーターとバル

ブの間は個人が修理をするそうだ。「私とこやなくてお向かいさんで電話がないので連絡したんですがねー」

「まー行ってみますけど」と、やってきたので聞いてみた。「メーターを通らんのやから水道代はどうなります」

「ええ、水道代はかかりません」なら、水が漏れるということは税金が流れ出てるということやろが・・・知らせ

てもろうてありがたいも、言えんのやろか・・・水道局の職員には「大切な水」という意識は、さらさらないよう

だ!おまけに口の利きようが悪い。なんや、朝から腹の立つことがあった。おかげで血圧は200を越えていた。

どうやらいらんお節介したようだ。



マガモ
水鳥



水鳥



水鳥



水鳥
愛南町節崎池、(Yahoo!の地図に池の名前が載っていない)


昨日の夕日
カメラマンは少なかった。富山ナンバーのカメラマン氏一度帰ってから来たそうだ。

咸陽島夕日
宿毛咸陽島






| | 11:21 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

自動車運搬船

巡視船みうらの船内見学と自動車運搬船 LEO LEADER が来島を通るので撮りに行かないかと、だんだん

さんからお誘いがあり行ってきました。あいにくの雨降りだったが時間通りに通過しました。200m以上が巨大

船だから少し足りない。この船に車を5,000台以上積むのだから驚く。

自動車運搬船
LEO LEADER 日本郵船
総屯数 57,566G/T 重量屯数 22,733DWT 全長 199.90M  幅 32.26M  自動車積載容量 5,055台


次にやってきたのがこのタンカー、Dさん「この船はわからんな~」というので帰って調べたら、辰巳マリンの

SOUTH GIRAFFE らしい?

SOUTH GIRAFFE


松山での船内見学なので一通り造船所など撮り歩きです。さすが造船の町波止浜、船がズラッと並んでいます。

波止浜造船


海上保安学校の実習船みうら、保安学校や保安大学の学生の実習船です。

実習船みうら





| | 09:49 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

宇和島の霧

電子レンジで缶詰を温めるとなぜか爆発してしまう。もちろん缶を開けて別皿に出しラップをかけてチンするのだ

が、必ず爆発してしまう。先日、知り合いの奥さんに聞いたらラップに「小さな穴を開けてみたら」と聞いたので

昨夜やってみたが見事に爆発をした。爆発するとあとの掃除に困る。我が家のレンジは1000Wだからだろう

か?まだ缶詰は2缶ある、さてどうしたものか・・・

昨夜はてんやわんやで少々寝不足、朝カーテンを開けたら霧がでていた。急いでカメラを持って宇和島城が見える

ところへ行ってみた。西の方に霧がでているので神田川河口に向かう。

 霧の宇和島城


モノトーンの風景みたいだがわずかに色つきの屋根が見えます。坂下津側から旧宇和島南高校、現宇和島南中高学

校方向だが、校舎は霧で見えません。

 霧の神田川河口


お日様が昇り、霧が晴れてきましたが陽が射しません。場所が分かるようにとNHKのアンテナを入れています。

霧の神田川河口


変なオッサンがウロウロするのでカモが飛立ちました。

カモ飛び立つ


再び、宇和島城が見えるところへ。

宇和島城
宇和島市




| 風景 | 12:35 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

岩松川シロウオ漁

「ゆらり内海」に行く途中、津島町岩松川で早春の風物詩「シロウオ漁」をやっていた。TVの取材中だったが

ちょっと寄ってみることにした。岩松川では「しらうお」と言っているそうだが、「シロウオ」と言うのが正しい

というからややこしい?

岩松川の中ほどまで網を延ばして、シロウオが遡上してくるのを待ちます。

 岩松川


遡上してくる頃合いをはかり、網を絞ってゆきます。

 岩松川


網をたぐり寄せます。夫婦漁です。

 岩松川


けっこう獲れていました。

 岩松川


生きたまま食べる、いや、飲み込むのを踊り食いというそうだが・・・・

シロウオ
しらうお&産業まつり
日時2012年 1月 30日 (月曜日) 場所 宇和島市津島町岩松 国道56号線沿い 岩松川おまつり河原にて開催


| 風景 | 07:30 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

奈良の風景

きのうは朝から雨どこへも行かず、写真展提出用の写真をプリントをしていたので撮影に出かけていません。

先日の奈良で撮影したものです。前に書いていますが、車中泊していて車内の結露が凍っていた日の朝景です。

道の駅當麻の朝


鳥見山から初瀬ダムに降りる途中の残り柿です。それから長谷寺の前に出て、通ったことある道でした。

長谷寺の門前町で「おこわ饅頭」を食べました。味は?・・・・

残り柿


ここまで来たら、千年桜の仏隆寺が近いので仏隆寺から諸木野の桜へ行って見ました。昨年は山道が分からず国道

369号へ出てから諸木野の桜を撮りに行きました。

この撮影ポイントはカメラマンが多くて上に上がれなかったことを思い出しました。

諸木野の桜


田んぼの持ち主がわざわざ、桜の映り込みがでるよう桜の開花に合わせ、田植えをしているという諸木野の桜です。

諸木野の桜

| 風景 | 08:01 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

須の川海岸

ネッツトヨタでエンジンアンダーカバーを取り替えてから愛南方面に向かう。天候は下り坂なので夕景は望めない

かもしれないが、とりあえず九州が見える須の川海岸までと来てみたが、雲が厚くてだめですね~・・・

須の川海岸


公園内を通って海岸に出る途中でカワセミが飛んだのを見ました。

須の川公園


波止では釣り人がいて、大きなモイカが釣れていました。

須の川夕景
須の川



うめもどき

この前の撮影会の時のものです。 戒場山(かいばさん)「戒長寺」で紅い実がたくさんなってる木がありました。

仲間の誰かが「うめもどき」だといっていました。

うめもどき

| 風景 | 13:56 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

宇和島と宿毛

きのうの朝早く携帯が鳴った。何事かしらと出るとだんだんさんから「モーニングコールです。宇和島にけあら

しが出ています」という情報で顔も洗わず港に向かった。

けあらしの宇和島港


九島~宇和島のフェリーが入港してきた。鬼ヶ城が屏風のように立ちはだかっているので、朝日が出るまでにはけ

あらしは消えるだろうと引き上げました。

けあらしの宇和島港
宇和島市


ネッツトヨタから「大変ご迷惑をおかけしました。カバーが入荷しましたのでご都合の良い日にご来店ください」

と連絡が入った。今日にでも行って取り替えなければならない。




昨日の夕日

宿毛に行く途中に「ゆらり内海」の塩湯に寄ろうと早めに出かけた。宿毛咸陽島公園に着くと30人ほどのカメラ

マンがズラッと並んでいた。少し空いていたところにとりあえず三脚を立てて様子を見る。お日様が下がってくる

とそれぞれ移動が始まる。「もちっつと左だ!いや、行き過ぎだ!」「船が通るのが早すぎる!もちっつと待っ

てくれりゃーいいのに」土佐弁を文字にするのはむつかしい。カメラをセットするとお隣さんが「これでいいかね

ェ~」と確認してくれと声がかかる。宿毛はすぐ知り合いになってしまうのは土地柄かもしれない。

咸陽島夕日


ペンタックス6×7で撮っていた富山ナンバーのカメラマン氏、たしか14日の日にも居た。話しをすると宿毛で

夕日を狙い、中土佐町久礼で朝日を狙って行ったり来たりしているという。

咸陽島夕日
宿毛市咸陽島



| 風景 | 08:00 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

ろうばい

きのうは一日中冷たい雨が降っていた。義姉を病院に連れて行き、診察をすませクスリをもらって帰る途中、義姉

はアーケードの下を歩くと言うので商店街の入り口で降ろした。

この前の撮影会で明日香の蝋梅を撮影している。蝋梅は梅の仲間ではないそうですね。

ろうばい
明日香八釣


奈良で咲いているなら立間でもと雨の中を行ってみました。

蝋梅


さすがにミカンの町、近くの立間小学校に美味しそうなミカンがなっていました。

IMG_6044みかん
吉田町立間



| | 08:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

當麻寺と岡寺

昨日は3月の写真展に展示する作品を選んでいた。およそ20点ほど選んで、さらに10点に絞って、プリントを

してRAW画像を添付しなければならない。写真は上山先生からよいコメントを頂いたのを選ぶだけだが、RAW

画像を探すのに手間取ってしまった。整理できていないのでこんな時は困る。なんとか20点ほどそろえた。

當麻寺の朝
この前の撮影会はいつもより1日早く奈良に入った。道の駅「ふたかみパーク當麻」で車中泊をしたのだが、朝、

目を覚ますと車内の結露が凍っていた。冷凍庫の中で寝ていたということか?


山の中腹にある岡寺の三重塔

岡寺



| 風景 | 08:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

OMEGA TORADER

船好きのだんだんさんから、「OMEGA TORADERが出航するので撮りに行かないか」と誘われて坂出まで

行ってきた。先ず着岸しているところを撮って、瀬戸大橋を背景に出航して行くところを撮るという段取りです。

出航準備中で甲板に作業員が見えます。長さ333m 巾60m 積載総トン数 30万トン 貫禄です。

 OMEGA TRADER


長さが333mあり、瀬戸大橋を入れようとしたが大きすぎて・・・・

 OMEGA TRADER (1)


横から、330mはさすがになが~~い

 OMEGA TRADER (2)


大槌島とOMEGA TRADER

 OMEGA TRADER (3)


だんだんさんが「コンテナ船 まや がきたよー」と教えてくれた。なかなかお目にかかれない船だそうだ。

コンテナ船まや


「あれが、時々宇和島にも入ってくる進宝丸だよ」と教えてくれた。

進宝丸



| | 08:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

撮影会

上山先生に撮影ポイントを教えていただいた、宮奥ダムからの風景

撮影会


龍ヶ渕では湖面が凍っていた

撮影会


残り柿とトラクター

撮影会
奈良

| 風景 | 08:06 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

撮影会

今回の撮影会は新年会と3月に開催される写真展の打ち合わせもあった。今月末までに作品を提出しなければなら

ない。さて、出せるような作品があるだろうか?ちょっと心配。

上山先生に撮影ポイントを教えていただいた。

撮影会



撮影会



撮影会



昨日の夕景

奥南からの夕景、沖は浮島現象になっていた。

夕景
吉田町奥南

| 風景 | 07:25 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

帰宅しました

途中トラブルがあったけどなんとか無事帰宅しました。

帰宅途中でネッツトヨタから「高速走行中にカバーがちぎれ落ちるという事例が発生していて改良品を製作中で今

回はご迷惑をおかけしました。カバーが納入しだい交換します」と連絡が入った。

プリウスに乗っている人はご注意です。



カワセミ
立ち木の生垣の隙間から、500mmの手持ちで撮影したので少々ピンが甘いですねー

カワセミ


この子向こう向いていたのにこっちを向いてポーズをとってくれました。

カワセミ
奈良葛城


| 未分類 | 22:24 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ