2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | 次のページ

雨の彼岸花

昨日の夕景は雨上がりだったので期待していたのだが、期待が外れてしまったので残念。
金剛山大隆寺の彼岸花、俳人松根東洋城の句碑の横に数輪咲いていた。
「黛(まゆずみ)を濃(こ)うせよ草(くさ)は芳(かんば)しき」 東洋城
雨の彼岸花

| 風景 | 09:03 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

お昼寝

メロン
お昼寝

| | 08:56 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

秋景

 彼岸花の咲く季節になりました。騒がしく鳴いていた蝉の声からコウロギなど秋の虫の声
になりました。今年の夏があれほど猛暑だったので、もしかして秋も冬もなくなってしまうん
じゃないかと思っていました。三間に行く途中に咲いていた彼岸花
秋景

| 風景 | 08:15 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

赤い光芒

いつもは太陽が沈んでから焼けてくるのだが、この日は4本の赤い光芒が出て焼けてきた。
もう少し光芒が濃くなれよと祈っていたけど、我が人生に似てどうも上手く行かんようです。
このような自然現象に出会いたくて、追いかけているのかもしれない。
光芒

| 風景 | 20:24 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

イチゴ

元気になっていたイケメンのイチゴ君。メロンとユズとイチゴの名前
を付けた3匹の猫を飼っているので、たまに行くとそばに来てくれ
ひざの上に乗ってきてくれる。名前をメロンとばかり思っていたが、
イチゴという名前だと、訂正するようメールが娘からきた。
イチゴ

| | 19:39 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

御来光の滝

 孫から「授業参観日だから見に来てよ」の誘いで東温市まで行った。「大三島少年
自然の家」での活動報告会だった。大きい声で発表する子や小さい声で発表する子な
どいたが、見に来てというだけあって大きい声で発表していた。
 帰りは、東温市の近くで赤い花のそばを栽培しているそうだと聞いたことを思い出し、
訪ねてみることにした。だめでも久万町に出ようと210号線を走ることにした。井内か
ら久万町に抜ける道は、やっと乗用車が通れるほどに狭くなった。途中で出会った車
の人に訪ねたら、今年のそばの花はだめだった言う。新居浜から来たというカメラマン
だった。そして、この上に滝があるよと教えてくれた。その滝が「御来光の滝」だった。
滝のそばに滝名を書いた杭が立っていた。渇水で水量が少なかったのが残念。
御来光の滝

| 風景 | 22:45 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

秋雲

空を見たらうろこ雲が出ていたので急いで愛宕山へ登った。登りながら空を見たら黒雲が
出てきている。わずかな距離でも坂道はきつい、息を切らして展望台へたどり着いた。
秋雲

| 風景 | 21:24 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

お彼岸

 娘と孫が来たので西江寺に墓参りに行った。あまり広くない境内には車が多いのだが墓
地には墓参りの人はいなかった。本堂で法事でもあるのだろう。墓参りを済ませて境内に
もどったら本堂から読経が聞こえてきた。
 畦の彼岸花を探して見たが三間は開花が遅れているようだ。彼岸花を探しながらまた吉
野まで来てしまった。
彼岸花

| 風景 | 22:05 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

彼岸花

季節を忘れずにお彼岸になると必ず咲いている彼岸花、白もあるが歌にもあるように赤いほうがいいと思う。もう2日ほど後だったらもっと咲いていただろう。
彼岸花                                   松野町吉野

≫ Read More

| 風景 | 02:09 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

老化現象

 ここ数ヶ月、目の調子がよくない、と言っても見えにくいとか視野が欠けるというものでもな
い。夕方から夜にかけて頭を、左右どちらかに動かせた時に症状が現れる。別に痛くも痒くも
ないので、眼鏡のツルが光るんだろうと思っていた。先日、眼鏡を外した時にも左のコメカミ
あたりで光る症状が出ることに気づいた。目を瞑っても同じように出る。目からなのか脳から
なのかは分からない。リハビリに行ったときZ先生に聞いてみた。「ああ、それは気にするほど
のことでないですよ」「じゃあ先生、眼科ですか?」は「眼科に行きますか?同じですよ」理由
は言ってもらえなかったが白内障の目薬をもらう時期だしリハビリから帰りにA眼科で診ても
らった。A先生「目から火花が出たということを知っていますか?」「はい」「本当に火花が出る
んですよ」「へ~火花が本当に出るんですかね~」「目玉の中に液体が入っているんですが、
外からの衝撃で中の液体が揺れるんですすると光が出ると言うわけです。つまり加齢とともに
液量が少なくなるんですよ。少なくなると液体が揺れる。揺れると隙間があるから反射する。そ
の反射した光りが見えているんです」「分かりやすく説明すればそういうことです」「気をつけ
なければならないのはそのことで眼底や網膜などを傷つけることがありますので注意しましょう」
つまり老化現象ということか。
老化
松野町吉野

| 風景 | 01:52 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

落陽

 秋のお彼岸になったので墓参りにいった。義姉から「腰が痛くて動けんのよ、そやから墓
参りに行けんのですみません」と電話があった。墓参りを済ませて寄ってみると難儀そうに
していた。3月に入院した時は腰が痛くて歩けないと言うので病院に連れて行ったら、検査
で骨にひびが入っているのが見つかった。その時と同じようなのでどうやらまた入院しなく
てはならないだろう。そろそろ介護の申請をしていたほうが良いかもしれない。
 日の丸構図では九島も宇和島城も画面に入らない。それだけ太陽が左(南)へ寄ったとい
うことだろう。 
落陽

| 風景 | 08:46 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

 昨日、幼い頃よく遊んでもらったY子さんから、思いがけない励ましの手紙が届いて驚いた。
Y子さんのお母さんには、母子共々大変お世話になっていたことを思い出した。連れ合いが亡
くなってからは人の情けが身にしみています。
 遠出の練習に車中泊旅をしようと計画していたのに、またまた体調不良で家でじっとして
いなければならなくなった。このまま病院に行っても安静にしているだけだから、夕方まで
様子を見ていようと今日はおかゆを食べて安静です。
道

| 風景 | 11:53 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

三間の朝

霧が出てきました。
三間の朝

| 風景 | 11:13 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

秋雲

 愛宕山の登山道では、ツクツクボウシ蝉が弱々しく鳴いている。
「疲れた~疲れた~」と聞こえる。空には秋の雲が。
秋雲

| 風景 | 11:07 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

戸島で出合った「天使の梯子」コンデジではどうしても印象が違ってしまう。やはり一眼を
持って行くべきだった。左に見えるのが大島で右が契島、右奥にかすんでいるのが下波。
帰りは北西の風が強くて大シケだった。
海

| 風景 | 17:46 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

三滝の屋根付き橋

屋根付き橋を撮りためているのだが、城川町「三滝の屋根付き橋」はまだ撮影していなかった。
三滝ロッジに車を駐車して「万葉の道」を5分も歩けば屋根付き橋がある。「屋根付き橋」のすぐ
上に「茅葺き屋根の水車小屋」も見える。後で知ったことだが「屋根付き橋」も「茅葺き屋根の水
車小屋」も大工の棟梁だった二人の義兄がそれぞれ建てたと聞いた。その義兄達と飲み、久し
ぶりに城川に泊る。
三滝の屋根付き橋

| 風景 | 14:15 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

屋根付き橋

 一晩家を留守にしていたら泥棒がきたようだ。といっても、家の中のものを盗られたので
はない。家の裏に置いていたエビネランを15株ほど鉢から抜かれて盗まれていた。外から
は見えない場所なのだから通りすがりだとは思えない。被害届は出したが戻らないだろう。
 城川町三滝の「屋根付き橋」を撮りに行った。途中にある「岩の上の田んぼ」稲がたわわ
に実っていた。まもなく稲刈りだろう。

岩の上の田んぼ

| 風景 | 13:34 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

残照

 今日も暑い。お客さんが来るので布団を干したり、掃除をしたりと忙しくやっているのだが、
要領が悪くてちっとも片付かない。ついつい考えても仕方ないことを考えてしまい手も足も止
まる。有難いことに友人のY君から果物が届いた。早速お供えをして般若心経を唱える。
 昨夕は久しぶりに焼けた。内港も赤く染まった。伊達博物館館長も近々開催する特別展の
準備で忙しいと言っていたが、愛宕山でのトレーニングは欠かさない。持って来ていたカメラ
で撮影して山を下りて行ったが、ここまで焼ける前だったかもしれないと思った。
残照

| 風景 | 13:08 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

ニラの花と蝶

十数匹の蝶がニラの花の周りで乱舞していた、花の名前が分からなかった
ので、近くで農作業していた人に訪ねたらニラの花だという。蝶はちっとも
じっとしていてくれない。蝶の数は学術的には1頭2頭と数えるそうだが・・・
ニラの花と蝶

| 昆虫 | 12:02 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

残照

もう少し焼けてくれそうだったがここまでだった。九島をはさんで左右の焼け色が違うのも
不思議だった。
夕景

| 風景 | 13:13 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ