| PAGE-SELECT | 次のページ

下波夕景

もう少し焼けるかと期待したんですが

ここまででした。

下波夕景 (1)


下波夕景 (2)
宇和島市下波

| 夕景 | 06:00 | コメント:7 | トラックバック:0 | TOP↑

津島の夕景

夕景はこのところの寒波で

お日さまが出てくれないので夕景になりません。




この日は面白い夕景になりました。

津島町夕景 (1)


津島町夕景 (2)
宇和島市津島町

| 夕景 | 06:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

吉田町のダルマ夕日

きのうのつづきです。

ここからの夕日は堤防の上を移動できるので

いろんな風景を撮ることが出来ます。


灯台の灯りにタイミングを合わして撮りました。



お日さまは右に移動しているので


日毎に灯台から離れます。


吉田 (1)


吉田 (2)


吉田 (3)
宇和島市吉田町

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

吉田の夕日

宇和島市の端っこ吉田町池ノ浦です。

ここから玉津隧道(旧道)を抜ければ

西予市明浜町俵津です。


これは前日の夕日です。

この日はここまででした。

吉田夕日



その次の日です

この時期になると多くのカメラマンが集まります。



岩礁を富士山に見立ててパール富士にして遊びます。

吉田の夕日 (1)


この高さから下がると赤くなりました。

吉田の夕日 (2)


吉田の夕日 (3)
宇和島市吉田町   つづく

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

咸陽島の夕日

四万十市江ノ村で芝焼きがあると聞いて

友達と行ったけど

雪が降って火が点かない点いても

燃え広がらないので中止になったので

椿の花を見に行こうやとぐるり足摺岬を回ってきました。


第44回 足摺 椿まつり・椿咲くもてなし観光.
開催時期, 2018/02/01 ~ 2018/02/28.

それで椿の花は咲いていたかって!

今年は寒すぎるのか咲いていませんでした。



帰りに咸陽島に寄って帰ろうやと言うことになり

寄ったら

雪雲の中から出てきました。

咸陽島 (1)


咸陽島 (2)


ここまででした~

咸陽島 (3)
宿毛市
 

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

三ッ畑田島夕景

室手海岸に行ってきました。



そう都合よくダルマ夕日にはならないのだが

気に入った夕景が撮れればそのほうが嬉しいのです。

三ッ畑田島 (1)


この日はここまででした。

三ッ畑田島 (2)
愛南町室手

| 夕景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

愛南夕景

冬の季節になると須の川から室手の風景は

面白い雲が出るので出かけることが多くなります。

もちろん空振りのことが多いのです。



この日は面白い雲が出ていました。



時間が経つにつれて雲は変化して行くのを

しばらく雲を撮っていました。

愛南夕景 (1)


それから移動した室手からの夕景です。

愛南夕景 (2)
愛南町

| 夕景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

咸陽島の夕日

この日(1月2日)は宿毛市大島の咸陽島公園には

今の季節は広い範囲からダルマ夕日が撮れるので

ざっと見ただけでもカメラマンの数は250人を超えていたと思います。

咸陽島 (1)


咸陽島 (2)
宿毛市


| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

大晦日

2017年の大晦日です。

今年は体調不良で入院したこともあり

ブログ更新は皆勤にならなかったけれど

何とか大晦日を迎えることができました。



今年も多くの方にご訪問いただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

大晦日
西予市三瓶町

| 夕景 | 06:00 | コメント:14 | トラックバック:0 | TOP↑

三ッ畑田島ダルマ夕日

この日もダルマ夕日になりました。

三ッ畑田島


次の日はこのようになりました。

このあとおぼろダルマ夕日になるのです。

三ッ畑田島ダルマ (1)

その後の夕景です。

三ッ畑田島ダルマ (2)
愛南町室手

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

三ッ畑田島ダルマ夕日

室手海岸から三ッ畑田島に沈むダルマ夕日です。

今年は当たり年で連日ダルマ夕日になりました。



ダルマ夕日やダルマ朝日は

大気の温度と表面海水の温度差が大きくなる冬に

水蒸気の光が屈折し蜃気楼現象のようなものだと

言われています。


遠くの島や船が浮いて見えることがありますが

そのような時が蜃気楼現象なのです。


沈んできたお日さまの光が海面に映ります。

三ッ畑田島 (1)


そしてドッキングしてから沈んでゆきます。

三ッ畑田島
愛南町室手海岸


| 夕景 | 06:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

三ッ畑田島の夕日

三ッ畑田島は冬至の頃にダルマ夕日が出るので

室手海岸に多くのカメラマンが通っています。



自分もその内の一人なんですがね~

室手海岸 (1)


室手海岸 (3)


室手海岸 (2)
愛南町

| 夕景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

室手海岸に なーしくん が来た日 

沖に浮かぶ三ッ畑田島に沈む夕日が

気象条件など重なって運が良ければ

ダルマ夕日になるという人気のポイントです。




室手海岸からダルマ夕日が撮影出来るのは

冬至の頃なので冬の季節風で波が海岸に打ち寄せて

波しぶきが飛んでくるのは覚悟しなければなりません。



18日は愛南町の なーしくん も来ていました。

ナーシくんが来た日 (1)


この日の夕日は真っ白でした。

なーしくんが来た日

なーしくんとは
特別天然記念物の「ニホンカワウソ」をモチーフにしたキャラクターです。特産品の愛南ゴールドの帽子を被り、首には真珠のネックレス、ヒオウギ貝の形をした前掛けをいつもしています。尻尾には餌と間違えて喰いついた相棒のカツオのかっちゃんがいます。
名前の由来は、人間たちにも愛されてほしいという思いから、地域住民が口癖のように言葉の語尾に付けている「なーし」という方言をとり、「なーしくん」と名付けました。愛南町のお年寄りが、「よう来たなーし」とか「あのなーし」という言葉を良く使い、この言葉には、お客さんを温かく迎え入れてくれる、住民のお接待の心がこもっています。
愛南町のHPより

なーしくん 流木やゴミで歩きにくそうでした。

ナーシくんが来た日 (2)
愛南町

| 夕景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

宇和島の夕景

宇和島の夕景です。

撮影に出かけられないので

これまでアップしていない画像ですみません。

IMG_4370柿原夕景
宇和島市柿原ダム

| 夕景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

お日さまを串刺し

お日さまを串刺しにしてみました。

斜めに沈むので移動しながら

手持ち撮影しています。

串刺し (1)


串刺し (2)


串刺し (3)
吉田町深浦  11月9日 撮影

| 夕景 | 06:00 | コメント:10 | トラックバック:0 | TOP↑

夕日

宇和島市吉田町 深浦の夕日と

夕日 (2)




宿毛市咸陽島の夕日です。

夕日 (1)


| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

吉田町夕焼け

きのうの続きです。


やはり焼けてきました~



一緒に行った先輩とK沢さんも

久しぶりの夕焼けを激写してました。

深浦夕景 (1)


深浦夕景 (2)
宇和島市吉田町  10月27日 撮影

| 夕景 | 06:00 | コメント:8 | トラックバック:0 | TOP↑

吉田町夕焼け

高山の秋祭りに行く途中に寄った深浦

宇和島市の端っこですぐそばの

玉津隧道を抜けたら西予市俵津です。


焼けてきそうな雲です。

吉田深浦夕景 (1)


お日さまが沈んでから焼けるのを期待します。

吉田深浦夕景 (2)
宇和島市吉田町  10月27日 撮影

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

山下灯台の夕日

奥南運河の山下灯台は

吉田町喜佐方出身の海運王 山下亀三郎が

郷里のため資金を出した奥南運河にある灯台です。

山下灯台 (1)


山下灯台 (2)
宇和島市吉田町奥南   10月26日撮影

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

吉田町夕景

ホームに入った義姉から、「町にみんなと行くんよ」と

携帯の向こうで声が弾んでいるように聞こえる。

ホームに入ってからおよそ一ケ月になる。

どうやら仲良く暮らしているようです。


惣代夕景 (1)


惣代夕景 (2)
宇和島市吉田町  10が25日撮影

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ