ヤマドリが出た!

昔から1月はいぬる 2月は逃げる 3月は去る とか

言ってました。

早いもので今日で2月は終わりです。

今月も皆勤賞でした~




鳥も期待して下波に行ったのだけど

大きなヤマドリヤマドリが現れて驚いた。


車のガラス越に撮影しています。

ヤマドリ


アナタじゃないのが出てくれるのを期待してたんですがね。


堂々と退場しました。

ヤマドリ (2)




それからの夕景です。

夕景 (1)


夕景 (3)

| 夕景 | 06:00 | コメント:6 | trackbacks(-) | TOP↑

おたまや様の寒桜

金剛山大隆寺の和霊廟(おたまやさま)には

今からおよそ400年前(1620)に和霊騒動の犠牲になった

山家清兵衛公頼の墓があり

清兵衛を慕う人達によって遺骸はひそかに

金剛山西の谷に葬られたというから




その後

そのような人達によって植えられた寒桜かも知れない。

寒桜 (1)


寒桜 (2)


寒桜
2月25日 撮影

| | 06:00 | コメント:8 | trackbacks(-) | TOP↑

下波夕景

下波は市内から離れているので

夕景は行ってみなければ焼けるかどうか

わからないので行ってみます。

下波夕景 (1)


このあと

焼けそうもないので撤収して帰りました。

下波夕景 (2)

| 夕景 | 06:00 | コメント:8 | trackbacks(-) | TOP↑

忙しかった~

天気が良いのは今日までという予報だったので

洗濯機いっぱいの洗濯をしたら干さなきゃならない

午前中はいつものようにコーヒーサロンで写友と雑談で

「龍光院の河津桜が満開になってたよ」と聞いたりしていたら

編集長がやって来て「3月の写真をよろしく」という。


お昼の帰宅途中にMさんから「丸山梅園の清掃やりましたよ」 と

連絡がありました。


お昼から写真を選んで渡してからスーパーカブで龍光院へ

数カット撮ってから丸山梅園へ清掃してもらった確認です。

側溝や階段が綺麗になっていました。


そこで出会った人に

龍光院の河津桜が満開でしたよとPRしてから

もう一度龍光院に行きました。


それから一旦帰宅して車に乗り換え先輩誘って

また下波に向かいました。

下波は次回にして龍光院の河津桜です。

河津桜 (1)


河津桜 (2)


河津桜 (3)



| | 06:00 | コメント:8 | trackbacks(-) | TOP↑

フキノトウと夕景

フキノトウが出ているころだと M さんに電話したら

「もう食べたよ」という。

今年はダメかなとあきらめていたら

「また出ているよ」と連絡があったので

撮りに行ってきました。

そしたら一回食べるほどもらったので

天ぷらにして春を食べました。

フキノトウ (2)


2月4日に久礼から帰りに撮影したフキノトウです。

フキノトウ (1)



夕方に行った下波の夕景です。

下波夕景 (1)


下波夕景 (2)

| 夕景 | 06:00 | コメント:10 | trackbacks(-) | TOP↑

南楽園

いつもご訪問いただいてありがとうございます。

南楽園最終回です。





毎年一度は K 先輩を南楽園に案内しているので

2月20日に行きました。


陽気が良かったせいで駐車場は満杯でした。

多くの人が入園しているようなので

密にならないよう気をつけました。



月が出ていました。

南楽園 (1)


和服の人がいたので

南楽園 (2)



唯一撮った

いがぐり頭の白梅デス。

南楽園 (3)


南楽園 (4)


南楽園 (5)

| | 06:00 | コメント:10 | trackbacks(-) | TOP↑

南楽園

昨日の続きです。

南楽園ではしだれ梅ばかり撮っています。

南楽園 (4)


言いたくないのですが

ツルが絡んでいるのが目立ちます。

南楽園 (1)


メジロは良いと思います。

南楽園 (2)

南楽園 (3)


南楽園 (5)
2月18日 撮影

| | 06:00 | コメント:10 | trackbacks(-) | TOP↑

南楽園

津島町にある日本庭園の南楽園に行くのは

花菖蒲が咲く頃と梅の花が咲く頃とです。

その梅の花が咲いてるので行ってきました。


座敷雛です。

座敷雛と言えば八幡浜市真穴の座敷雛が有名です。

南楽園 (1)


南楽園 (2)


向こうにモコモコとしているのが梅園です。

南楽園 (3)


南楽園 (4)
つづく

| 未分類 | 06:00 | コメント:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ