八幡浜花火大会

いつもは五反田の山の上から撮影していたけど

山がモヤッていたので少し低い所が良いのではと

諏訪崎から撮りました。




一発目の花火は大きさが分からないので

いつも迷うけどなんとか入ってくれました。

八幡浜花火 (1)


八幡浜花火 (3)


八幡浜花火 (2)
八幡浜市 8月15日 撮影

| 風景 | 06:00 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

五反田柱祭り

2時間松明を投げましたが

今年の柱祭りは400年の歴史の中で初めて

松明はかごの中に入らなかったのです。



過去には入るまで3日続けたそうですが

今年は諸般の事情で中止になりました。



なのでかごに入った画像はありません。

柱祭り (1)


柱祭り (2)
八幡浜市五反田 8月14日 撮影

| 祭り | 06:00 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

五反田柱祭り

松明投げで知られている五反田柱祭りに

ブロ友のだんだんさんと一緒に行って来ました。


柱祭りは、県指定無形民俗文化財で、約400年前の戦国時代に、土佐の長宗我部氏の軍勢と見誤って修験者金剛院が殺され、
その後五反田に悪い病気が流行り、地元の人はこれは金剛院の祟りに違いないといって、修験者の霊を鎮めるために供養する柱祭りをはじめた。高さ約20メートルの杉柱の先端にあるじょうご形の直径約40センチのかごを目がけて、鉄筋に麻木を束ねた「ガラ」に火をつけて放り上げ、かごの中で燃えるまで続けられます。



昨年は10分でかごの中に入ったので

選手の皆さん大勢の人が来ているので

早く入れないようおお願いします。

なんてジョークを言ったので会場から笑いが出ていました。



柱祭り (1)


柱祭り (2)


柱祭り (3)


私は真ん中

右は一緒に行っただんだんさんです。

彼はガラが飛んで来ているのを眺めていたそうで

飛んで来たガラは私の肩に当たりました。

鉄筋が入っているので痛かった~(*ノω゜)


眺めていただんだんさんは

撮影した画像が取り込めなかったとか?

柱祭り (4)
五反田柱祭り 8月14日 撮影   



| 祭り | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

宇和島闘牛お盆場所

闘牛



久しぶりに行った闘牛お盆場所です。

牛のしっぽに付けられていた紅白の印がなくなって

紅白のタスキは勢子がつけていました。


闘牛 (1)


闘牛 (2)


闘牛 (3)

| 闘牛 | 06:00 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

あしずり花火大会

きのうの続きです。


ちょっと見えにくいかもしれませんが

花火の上に北斗七星があります。


あしずり花火 (1)


あしずり花火 (2)


あしずり花火 (3)


あしずり花火 (4)
土佐清水市  8月12日撮影

| 風景 | 06:00 | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

あしずり花火大会

あしずりの花火大会に行くと

花火が終わって町を出るのに1時間ほどかかります。



それでも毎年豪快な花火を見に行きます。

1万発、45分間の打ち上げ花火でした。



土佐清水港打ち上げ前です。

あしずり花火 (1)


1発目はこんな感じ

あしずり花火 (2)


あとは連発花火の連続です。

あしずり花火 (3)


特大花火は入りません。

あしずり花火 (4)
土佐清水市  8月12日撮影

| 風景 | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

ツユクサ

どこからか種が飛んで来て

毎年庭にツユクサ(露草)の花が咲きます。

梅雨の花と思っていたのだがそうではないらしい。

朝露で咲くから露草の名がついたそうです。


ツユクサ (1)

同じツユクサだけど

いろいろ変えて撮りました。



ツユクサ (2)


ツユクサ (3)




| | 06:00 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

お盆の準備

朝の涼しいうちに墓を掃除してお盆の準備です。

朝から多くの檀家の人が墓掃除に来ていて

かろうじて駐車できました。


形の良いナスと酢の物にする胡瓜と麻ガラを買い

御霊供は出来てるので簡単なものは当日作ります。


波 (1)


波 (2)







| 風景 | 06:00 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ